エサ

今日は、熱帯魚のエサについて書きたいと思います。
今回もつまらない内容だと思いますが、最後までお付き合いください。

熱帯魚のエサの種類は多く、色々と趣向を凝らしたものが各メーカーから出されています。
エサの種類は大きく分けて、人工飼料と生餌があります。
また、エサの形状はタブレットやフレーク、粒状、冷凍など様々なものがあります。肉食魚の飼育には生きた昆虫や魚などをエサとして与える必要もあるくらいです。

私も色々買って試してみましたが、どれが良いのかわかりません。
どれもそれなりに食いつきが良く残すところを見たことがないためです。
そのような中でも少しでも食いつきが良好で水が汚れにくく、藻類の発生も抑えられるものとして、「フィッシュフード AP-2」を選んでいます。
ただ、この1種類では物足りないのではないかと思い、「トロピカルミックス」も使用しています。
「フィッシュフード AP-2」は粒状、「トロピカルミックス」はフレーク状になっています。
d0242271_2334184.jpg

d0242271_2349196.jpg


どちらのエサも「APグラス」と「Do!aqua フードグラス」という専用の入れものを使用しています。
d0242271_2335443.jpg


どちらのグラスも大きな特徴としては、直にエサに触れることなく衛生的であることです。意外とエサの匂いは苦手な私ですので、重宝しています。
それにどちらとも、手に馴染む形のためとても持ちやすくエサやりが楽です。器具の上部の部分を軽く押すことで少量ずつ出すことができ、魚の食べている状態を見ながら量を考えられます。

フードグラスを使用していない時は、エサの入っている容器を傾けて振動を与えながら量の調整を行っていました。失敗することも多く、よく網でやりすぎたエサをすくっていましたが、今はそのような心配はありません。蓋にエサを移し替えてやる方法も行いましたが、蓋に少しでもエサが残っていると蓋を閉める拍子に周りに飛び散ることさえありました。←この飛び散ったエサが家具の隙間に入っていたことがあり、ダニが湧いていた経験があります。少量のエサでしたが、それ以来この方法は嫌になっています。
その他としては、APグラスは先端が少し曲がった口先をしていて、エサの浮力を損なわないように水面にフワッと落とすことができます。

マイナス面としては、どちらも初期設定といいますか、グラスの中にエサをセットするのに苦労します。
APグラスは、この小さな穴に紙で筒を作って入れていきます。グラスの先が棒状に出ているため立てるのに一工夫が必要です。
d0242271_23395357.jpg


Do!aqua フードグラスは、グラスを逆さにして平らな場所に置き、スプリングの付いた部分を押して、入れていきます。
ここで注意することは、あまり振動を与えてしまうと餌がスプリング内まで入っていき、見栄えが良くないことです。(赤丸の部分まで入ってしまいます)
d0242271_23415184.jpg



エサの与え方について、専門書などによく書いてあり重なるとは思いますが、基本的なことについて触れておきます。

エサを与えるのは朝と夕方の二回。
その根拠は、自然下の魚と同じ事で、自然下の魚は水温の低くなっている夜明けと夕方を中心に食事をするところからきているそうです。

エサの量は、小型魚などはだいたい数分で食べきれる量。食べきれずに残ってしまうと水質悪化を招き、水が濁ってしまうため。エサによる水質悪化を避けたいならば、残飯を食べてくれるコリドラスやエビ類を入れるのがよい。大型魚は時間ではなく体のサイズでエサの量を決める。与えすぎると糞が大量に排出され、水質が悪化する事がある。

エサを与える際にやってはいけない事があります。旅行などで家を長い間空けるからといって二日分まとめてエサをあげるような事は避けること。水質悪化は確実です。魚は1週間何も食べなくても死に至ることはなく、一日や二日エサを与えなくても特に問題はありません。

旅行などで長期的に家を空ける場合や、毎日定期的にエサを与えるのが面倒だという方には「フードタイマー」が便利です。電池式で簡単に取り付けることができ、好きな時間を設定しておくとその時間に決まった量のエサを水槽内に投下してくれます。

また、お店から買ってきたばかりの魚は環境に慣れていないので、エサを与えてもなかなか食べない事があります。食べないのにエサを与えても水質が悪化するだけなので、買ってきてから2~3日はエサを与えなくても大丈夫です。

私は、エサやりは毎日帰宅後に行っています。1日1回で少ないかもしれませんが、今のところ特に問題は感じられていません。←魚の立場だと空腹すぎてイライラしているかも・・・

エサをやる時、フードグラスで水槽の淵を軽く叩くと魚たちが寄ってきます。
とてもかわいいです。


このような感じで、エサやりも楽しみの一つになっています。
今回は文字ばかりで、構成も悪いですね。

次回も、エサの続きを書きたいと思います。
続きといっても、特に変わったことはしていません。

ブログを振り返ってみるとADAの商品説明になっているような感じですが、決して回し者ではありませんので。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-10-26 23:50 | アクア
line

アクアリウムと日常のちょっとした記録


by naka0402
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31