<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


久々の更新と黒髭ゴケ対策part2

先々週から仕事が忙しいことと体調不良のため、中々更新できませんでした。
やっとこさ、色々と落ち着きましたので更新します。

またまたくどいようですが、黒髭ゴケの経過を書きます。

その前に浅はかな知識とネットでの情報を基に、今まで取り組んできたことについて書きます。

基本的なことや即できることから順に潰していき、対策を立てていきました。

①取り除く
 水草や流木など確認できるものは、可能な範囲で全て取り除いていきました。地道な作業で面倒ですが一番効果があると思いやっていきました。

②換水の回数を増やす
 水槽内の無駄な養分を水槽から出す最も有効な手段と考え、換水の回数を週1回から週2~3回に変更。ただし、水質の急変等で生体や水草に悪影響がでるため、換水回数を増やしても量はいつもよりも抑えていきました。

③濾過材の洗浄
 ろ材の汚れや目詰まりが原因で、コケが増えるのではないかと思い、ろ材の洗浄を行いました。ろ過能力が低下していてはバクテリアの働きも低下し、水がきれいにならないため、換水の回数を増やしても意味がないと思い掃除をしました。

④フィトンギットによる対処とコケ付き水草のトリミング
 本来ならば、水位を下げたり一度水槽から取り出して、2倍~3倍に薄めた木酢液などを筆やハケで満遍なく塗る、もしくは霧吹きを使いくまなく噴射し、水でよく洗い流し、再び水槽に戻すのがよいのでしょうが、我が家の水槽では水槽の下の方に発生したため、フィルターを止め、原液をピペットと注射器を使って直接散布しました。
 その後、Phの急変を和らげるため換水を行いました。
 コケ自体は赤色などに染まりましたが、ヤマトヌマエビは見向きもせず食べてくれませんでした。

⑤水流の見直し
 黒髭ゴケで、まず疑われる水流をリリィパイプからポピーグラスに変更し、抑えることができました。

⑥その他
 ①~⑤をしている間にも、照明時間の見直し、フィトンギットの定期添加や追肥とエサの量をカットを行っています。

以上の順番で、実行してきました。
黒髭ゴケの蔓延は、当初に比べ抑えられているとは思います。実際にあまり増えているようには思いませんが、見えていないだけかもしれませんし、ただ完全に撲滅とはいかず、まだ予断を許さない状況です。

残りの対策としては、生物兵器の投入と最終手段のリセット。

なるべくリセットは避けたいため、生物兵器を試してみることにしました。

ただ、定番のコケとり生体は、既にヤマトヌマエビと石巻貝などは入れているし、黒髭ゴケには効果がないことも分かっているため、他を探すことにしました。

結果、候補としてはサイアミーズ・フライングフォックスとトロピカルシュリンプ(台湾ヌマエビ)になりましたが、サイアミーズは体長が10cmにもなり、コケを食べる確率が低いことが分かりましたので、トロピカルシュリンプにしたのですが・・・

どこにも売っていない。

そこでネットで調べていくと黒髭ゴケを食べるものを発見
ほんとに効果があるか分かりませんが、試してみるべきと思い、
d0242271_011635.jpg

久々にチャームでポチりました。

今回購入したものは、「アルジー・ライムシュリンプ」別名ノコギリヌマエビ
詳細は、中国南部・江民原産のヌマエビ。水草水槽では薄緑~黄色の発色が美しく、コケ食いも非常に良いのが特徴で、まとまった数を入れれば黒ヒゲゴケにも効果的。アクアライフ2007年1月号掲載種、とのこと。
d0242271_04873.jpg


期待を膨らませ開けてみると


すでに死んでいるのが5~6匹。しかも発送する生体は2cm程度と書いてありましたが大きいのが2匹で1cm程度、残りはすべて数ミリ程度しかなく、ガッカリ(ToT)/~~~
d0242271_093335.jpg

まあ、死着保障云々と書いてありましたがショックとめんどくささから放置。

残りの数で様子を見ることにしました。
d0242271_0103836.jpg

d0242271_0105122.jpg

d0242271_011240.jpg

成果がでるといいのですが、全くと言っていいほど期待が持てません。(ー_ー)!!


その他に以前よりかなり気になっていた、「コリドラス・ハステータス」も購入。こちらは何の問題もなく到着。
d0242271_01928100.jpg

d0242271_0221124.jpg


水槽に新しい仲間も増え賑やかになりましたが、黒髭ゴケは治まるのか・・・

リセットだけは避けたいので、じっくりと様子を見ていきたいと思います。

久しぶりの更新となりましたが、相変わらずまとまりがなく、文字が多くなった。


あと、いつも行っているお店アクアガーデンの店長さんに来年のコンテストのポスター頂きました。
d0242271_0225945.jpg



来週は師走になります。1年過ぎるのはホントに早い!!

いつか黒髭ゴケ撲滅となる日まで・・・とはいかないような気がします。
たぶんリセットとなるのではないかなぁ~
毎年こんな感じで、何かしらの問題を抱え、コンテスト出品を断念しております。
まぁコンテスト出したところで、良い評価は得られないと思いますが・・・



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-11-26 00:05 | アクア

ポピーグラス使用経過

今日は前回設置したポピーグラスの経過について書きます。

使用した感想としては、自分が思っている以上に水流が穏やかになりました。
d0242271_23455560.jpg



写真を良くみるとわかるのですが水流が真上に上がる感じで水面が揺らいでます。
これで、ライトがメタハラだと水面の揺らめきが天井に移り、かなりの癒しになるのですが、試に次回ソーラーⅠに変えてみようかなと思っています。



ただ・・・・



新たな問題が発覚!!



実はなるべく水槽内をすっきりさせたいため、CO2をインライン化しているわけですが、ポピーグラスの性質上水面を押し上げるような水流により、CO2が抜けてるような感じ。


実際、目で見ても今までの添加量では水槽全体に行き渡っていない状態。

そこで、1秒3滴程度だったものを倍にしてみましたが・・・・



また新たな問題が発生!!



またもやポピーグラスの水流によるものです。
ポピーグラスとニュー・リリィパイプV(吸水用)を並べて設置しているため、ポピーグラスからCО2の混ざった飼育水が、そのままニュー・リリィパイプVに吸い込まれている状態。
d0242271_23473072.png



写真が悪くわかりにくいとは思いますが、ポピーグラスの水流は写真の矢印のとおり、大半がポピーグラスの後ろに回り込む形になっています。
よって吸排水を並べて設置すると綺麗になった水と強制添加したCO2が吸い込まれてしまいます。

このままだと添加したCO2の大半がろ過に入ってしまい、最悪バクテリアが酸欠→全滅になってしまうのではないか・・・・

単純にニュー・リリィパイプV(吸水用)を右側に移動することで解決しました。
d0242271_083755.jpg





雑記になりますが、うちのコリドラスは、エサを水面に浮かべると他の魚よりも先に水面に這い上がり、背面泳ぎで食べ始めます。
見てて面白いです。
d0242271_09531.jpg




それと、最近フィトンギットがなくなったので新しいの買ったのですが、以前よりも黒いツブツブが多いのですがこんなもんなんですかね。
あまりにも多く感じるので、別容器に出してみたのですが結構多いです。
d0242271_093661.jpg


容器の下にたまっているのと、まだ沈まずに浮遊するぐらいの量が出てきます。

まだまだ容器からは出てきますし、容器の先っぽに詰まってふんずまりを起こします。
なんか水槽内にツブツブが広がるので、あまり使いたくないなぁと思っています。



大した話しではありませんが、今起きている状況を記録として書いておきました。




にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-11-11 00:13 | アクア

黒髭ゴケ対策

今週も福岡は土日に限り雨です。こうも貴重な週1回の休日に限り雨が降るのは気が滅入ります。
そのような中、土曜日にソフトバンクは8年ぶりの日本シリーズ行きを決めました。←仕事で見ることはできませんでしたが・・・
野球はあまり見ませんが、地元チームのためうれしいことです。

土曜日に、いつもお世話になっているアクアガーデンから修理に出していた「ES-600帰還」の連絡が入りましたので、取りに伺いました。
アクアガーデンに19時30分頃と閉店間際に到着。

店内に入ると見たことある方が・・・
なんとHumming lifestyle aquakakura878さんに偶然の再開!
実は、kakura878さんとは、今年の4月にアクアガーデンでお話をさせていただきました。その時はご一緒にAP+2.0のみうらさん、Limit of aquariumの兄さん、GRASSY AQUAのh_ahliさんともお会いしております。
わずか20分程度でしたが楽しい時間が過ごせました。
短い時間でしたが店長さん、kakura878さんありがとうございました。
また、ゆっくりお話ししましょう。

そしてES-600の方は、原因の特定はできなかったものの部品交換を行っていただきましたので、近いうちに設置して様子を見てみたいと思っています。

さて、今回はまたまた黒髭ゴケ対策について書いていきたいと思います。前回はフィルターの掃除とNAカーボンの追加で様子を見ておりました。
ここ数週間、特に増えている様子もなく順調に感じてはいましたが、やはりボルビティスに少しばかり出てきている様子。
今回も一応念のため水質検査を実施
d0242271_2291192.jpg


測定結果は写真の左から以下の通り、
 pH   6.8~7.0
 GH   2
 KH   3
 NO2  0.2
 NO3  0

特に大きな問題になるような結果は見られず、10月16日に検査した時と比較してもさほど変化がないため、考えられるのは水流の強さが原因と思い、現在のフィルターについて調べました。

以前、スーパージェットフィルターを使用している時に黒髭ゴケに悩まされたことがなかったため、フィルターの比較を行ってみました。
d0242271_22101985.png

※流量とは、水などの流体の流れる量
※揚程(ようてい)とは、ポンプが水をくみあげることのできる高さ

結果から見てみると流量は、エーハイムの方が今使用している状態の最小600Lでスーパージェットの約1.7倍、揚程はスーパージェットフィルターの方が1.2倍となっています。

流量が多いということは水流が強いのではないかと思い、水流を弱めることにしました。
※ただし、揚程の距離が長いということは、それだけポンプが力強いということなので水圧も強いと考えられます。そうなってくると、水流の強さは、エーハイムよりもスーパージェットの方が強いのではないということになり、考え方が変わってくるかもしれませんが・・・

詳しいことが分からないため、正しいかどうかわかりません。

さて、水流を弱めるための方法を考えました。
フィルターからリリィパイプまでのホースに何か細工をすればモーターに負荷がかかり寿命を縮めてしまいます。
また、意味なくホースを伸ばしても掃除の時面倒くさいです。

最終的にいきついた方法として、リリィパイプのサイズアップで改善できるのではないかと考えました。

今使用しているのは、リリィパイプP-2で出水部のサイズが40mmこれを一気にリリィパイプP-6に変更することで水流が弱まるのではないかと思いました。(リリィパイプP-6は、出水部のサイズが60mmのため、20mm広がった形になっています)

しかし、それでは出先が広がっているだけで水流の弱まる確証が得られないため、最終的にはDo!aquaのポピーグラスでいくことに。
d0242271_22113971.jpg


実際設置してみて、水槽内の水の流れが変わっているのがはっきり確認できるほどの効果がありました。

水面を押し上げるような水流は、直接水槽の中に流れ込むような感じではないため、水流も弱まると思います。どの程度効果があるかを分かりません。
d0242271_22121253.jpg


この方法で、黒髭ゴケの発生が収まるのか分かりませんが様子を見ていきたいと思います。
本日は文章の多い記事になってしまいました。
内容は一部正しくないかもしれません。
何とか黒髭ゴケ撲滅に向けて頑張っていきたいと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-11-06 22:18 | アクア
line

アクアリウムと日常のちょっとした記録


by naka0402
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30