タグ:素材・器具 ( 34 ) タグの人気記事


黒髭ゴケ対策

今週も福岡は土日に限り雨です。こうも貴重な週1回の休日に限り雨が降るのは気が滅入ります。
そのような中、土曜日にソフトバンクは8年ぶりの日本シリーズ行きを決めました。←仕事で見ることはできませんでしたが・・・
野球はあまり見ませんが、地元チームのためうれしいことです。

土曜日に、いつもお世話になっているアクアガーデンから修理に出していた「ES-600帰還」の連絡が入りましたので、取りに伺いました。
アクアガーデンに19時30分頃と閉店間際に到着。

店内に入ると見たことある方が・・・
なんとHumming lifestyle aquakakura878さんに偶然の再開!
実は、kakura878さんとは、今年の4月にアクアガーデンでお話をさせていただきました。その時はご一緒にAP+2.0のみうらさん、Limit of aquariumの兄さん、GRASSY AQUAのh_ahliさんともお会いしております。
わずか20分程度でしたが楽しい時間が過ごせました。
短い時間でしたが店長さん、kakura878さんありがとうございました。
また、ゆっくりお話ししましょう。

そしてES-600の方は、原因の特定はできなかったものの部品交換を行っていただきましたので、近いうちに設置して様子を見てみたいと思っています。

さて、今回はまたまた黒髭ゴケ対策について書いていきたいと思います。前回はフィルターの掃除とNAカーボンの追加で様子を見ておりました。
ここ数週間、特に増えている様子もなく順調に感じてはいましたが、やはりボルビティスに少しばかり出てきている様子。
今回も一応念のため水質検査を実施
d0242271_2291192.jpg


測定結果は写真の左から以下の通り、
 pH   6.8~7.0
 GH   2
 KH   3
 NO2  0.2
 NO3  0

特に大きな問題になるような結果は見られず、10月16日に検査した時と比較してもさほど変化がないため、考えられるのは水流の強さが原因と思い、現在のフィルターについて調べました。

以前、スーパージェットフィルターを使用している時に黒髭ゴケに悩まされたことがなかったため、フィルターの比較を行ってみました。
d0242271_22101985.png

※流量とは、水などの流体の流れる量
※揚程(ようてい)とは、ポンプが水をくみあげることのできる高さ

結果から見てみると流量は、エーハイムの方が今使用している状態の最小600Lでスーパージェットの約1.7倍、揚程はスーパージェットフィルターの方が1.2倍となっています。

流量が多いということは水流が強いのではないかと思い、水流を弱めることにしました。
※ただし、揚程の距離が長いということは、それだけポンプが力強いということなので水圧も強いと考えられます。そうなってくると、水流の強さは、エーハイムよりもスーパージェットの方が強いのではないということになり、考え方が変わってくるかもしれませんが・・・

詳しいことが分からないため、正しいかどうかわかりません。

さて、水流を弱めるための方法を考えました。
フィルターからリリィパイプまでのホースに何か細工をすればモーターに負荷がかかり寿命を縮めてしまいます。
また、意味なくホースを伸ばしても掃除の時面倒くさいです。

最終的にいきついた方法として、リリィパイプのサイズアップで改善できるのではないかと考えました。

今使用しているのは、リリィパイプP-2で出水部のサイズが40mmこれを一気にリリィパイプP-6に変更することで水流が弱まるのではないかと思いました。(リリィパイプP-6は、出水部のサイズが60mmのため、20mm広がった形になっています)

しかし、それでは出先が広がっているだけで水流の弱まる確証が得られないため、最終的にはDo!aquaのポピーグラスでいくことに。
d0242271_22113971.jpg


実際設置してみて、水槽内の水の流れが変わっているのがはっきり確認できるほどの効果がありました。

水面を押し上げるような水流は、直接水槽の中に流れ込むような感じではないため、水流も弱まると思います。どの程度効果があるかを分かりません。
d0242271_22121253.jpg


この方法で、黒髭ゴケの発生が収まるのか分かりませんが様子を見ていきたいと思います。
本日は文章の多い記事になってしまいました。
内容は一部正しくないかもしれません。
何とか黒髭ゴケ撲滅に向けて頑張っていきたいと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-11-06 22:18 | アクア

エサやり

今日は一日中雨。最近福岡では、土日の休みに限り雨が降っているような状態です。

さて、前回は私の使っている熱帯魚のエサについて全般的なことを書きました。前回のエサの種類から今回はエサのやり方について書きたいと思います。

エサのやり方は前回書いた通り、フードグラスを使っています。
それとは別に、日頃よりこのエサの行方について、少々疑問を持っていました。

というのは、エサの量には気を使って少しでも水質の悪化を防ぐようにしていたのですが、エサを水槽に落とすとフィルターの水流に乗って、水面に広がりながら巡回しているような状態で、水分を含んだところで水槽内にまき散らしているからです。
エサがこの水流に乗って、水草などの隙間によく入り込んでいるのを見たことがあります。
ヤマトヌマエビを入れているので、いつかは食べているのでしょうが、何か不安を感じていました。
d0242271_23112649.jpg

非常に見にくいです。

図にしてみました。
d0242271_2312642.png

水槽を上から見た図です。矢印のように水流に乗って、エサが水槽に広がっていきます。
すべて魚が気づいて食べてくれればよいのですが、なかなかそのようにはいきません。

こんなこと思うのは私だけかもしれませんが・・・

どうにかならないものか、考えていました。
時にはビーカーに飼育水とエサを入れ、ふやかしたものをスポイトで与えたり、またある時は水面に浮いているエサをピンセットで叩くように沈めたりしていました。

でも、このような方法ではフードグラスを使っている意味もなく、魚に取って楽しいはずの食事が、私が水面を叩くことで怯えてしまう結果となってしまいました。

半分諦めていた頃に、このようなものをお店で発見!!
d0242271_23154770.jpg


この天使の輪のようなガラス製品。

ADAの製品ではないのですが、MAME-DESIGNという会社のものです。アクアマリン界のADAみたいなところで、デザインもよくガラス製の製品が多く素敵なメーカーです。

この商品は「マメフロートM」というもので、元々海水魚はオーバーフロー水槽で飼育するスタイルが多く、このオーバーフロー水槽とは水槽の下に独立したろ過槽を設置し、そこから水槽に汲み上げた水があふれてろ過槽に戻るというシステムになっているため、エサを与えるとすぐにろ過層に行ってしまうのを防ぐために作られたものです。
このマメフロートMは、ハンドメイドで1つ1つを手吹き製法にて仕上げています。
まさにADAと同じ。

使い方は、エサを与える前に水面に浮かべます。吹きガラスになっているため沈むことはありません。
d0242271_2319724.jpg

d0242271_23222452.jpg


次に、浮き輪の中に給餌をします。
d0242271_23193586.jpg


すると、エサを拡散させないで浮き輪の真下にエサが沈んでいきます。
d0242271_23225523.jpg

見にくいですが、下の方にエサが沈んでいます。

私の理想どおりのものです。
私と同じ思いをしている方がおられたら、ぜひお試しを!!
注意することは、ずっと入れておくとマメフロートが水流に乗って水槽とカチカチぶつかり合ってうるさいので、必ず終了後は外に出しておきましょう。

価格は、2,625円と高いですがとてもきれいですよ。
見にくい写真と分かりにくい文章になってしまいました。
日頃やっていることを文章にする難しさを改めで感じております。

だんだんと紹介するものがなくなってきましたが、また何か探して書いていきたいと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-10-29 23:30 | アクア

飼育水の状態とフィルターの清掃 2

ブログを開始して、3回目の記事で初めてのコメントを頂き、少し興奮してしまいました・・・
私は、色々な方のブログをよく拝見しますが、コメントを書く勇気がありませんでした。しかし、実際にコメントを頂くととてもうれしいものですね。今後は、勇気を出してコメントを書きたいと思っています。
ブログも、まだまだ素人レベルです。未だに、トラックバック等機能が今一分かりません。また、時間があるときに設定などをいじってみようかと思っています。

本題に入る前に、お店で面白いものを発見し、試に購入してみましたのでご紹介します(感動したのは、私だけかも)。私があまり街にでないので、昔から存在していたかもしれませんが・・・
結構、ペットボトルのお茶を飲むことが多く、キャップの締め忘れた状態で、手などが当たり溢すことがあります。
そのようなことにならない道具を発見しました。
d0242271_22144390.jpg

商品名は、スティッキーコースター

d0242271_22212197.jpg

表と裏です。素材は目の細かいスポンジのようなもの

取り付け方は、中心の穴にペットボトルの底の部分をスカートのようにはかせます。
d0242271_22241217.jpg


あとは平面な場所に置くと吸い付くような感じくっつきます。平面ならどこでもOK。
d0242271_22254833.jpg

水槽に張り付けてみました。結構しっかり張り付いています。
簡単にめくれますので、剥がすのも簡単。
これで、書類やパソコンの上にお茶を溢すことがなくなると思います。


では、前回のフィルター掃除の続きです。

フィルターの掃除ですが、注意していることがありますので書いておきます。
①フィルターの清掃と換水は別の日に行います。←なるべくバクテリアを守っているつもりです。
②ろ材の洗浄には、中和剤を入れた水で洗浄する。←本来ならば、飼育水で洗うのがベストなのですが、ある程度ろ材を洗うには水量がいるため、ろ材洗浄に使用し呼び水まですると、換水と同じことになってしまい、①にも書いたことが意味なくなるからです。
③水槽の環境によって掃除の期間が変わってくると思いますが、長くても4ヶ月に1回の割合で掃除するようにしています。
ここで書いたのは、自分がただ思っているだけで何の根拠もありません。

さて実際掃除のためヘッド部分を外し、ろ材を確認しましたが、リセット後1ヶ月しかたっていないため(リセットの時フィルターの掃除を行った)、あまり汚れているようには思いませんでした。
d0242271_21495475.jpg


それでも、せっかくフィルターを止めたので掃除を決行。
細目のパットについては洗ってもキリがないため、潔く交換しています。
使用しているろ材は、
    上段 NAカーボンまたはブラックホール+隙間にエーハイムサブストラット
    中段 bact colation(バクト・コレーション)
    下段 エーハイムサブストラット
の構成にしております。←特に根拠はありません。

とりあえず、一通りろ材を綺麗に掃除して(バケツに中和剤を入れた水を溜めておき、洗うと作業がしやすいです。軽く濯ぐような感じで洗い、濾材の汚れを落とします。また、洗ったろ材はなるべく乾燥させないよう注意しています。(←バクテリアのためだと思っています。)
洗い終わったら、順次ろ材コンテナをフィルター本体に収めます。その時に必ず行うことは、ADAのバクター100をろ材に振り掛けます。洗浄したろ材にはバクテリアが弱っているため、早く復活するようにと思い入れています。
バクターを振り掛けるろ材は、一番下の段エーハイムサブストラットに行います。この件に関しても意味があるかわかりません。見えにくいですが、赤丸の所に振り掛けます(付属のスプーン1杯~2杯程度)。 掛けているところの写真は撮り忘れてしまいました。
d0242271_2294384.jpg


また、今まではリングろ材を入れていましたが、黒髭ゴケや水面の泡がでているため、お店に相談したところ、改善の見込みのある方法の一つとして、吸着系のろ材 NAカーボン の使用が良いのではとの話だったので、これを機に交換してみます。
d0242271_21512082.jpg

写真を見て気づいたのですが、まだADAロゴが古いですね。

呼び水も楽ちんです。フィルターのヘッド部分のボッチを4・5回程度押せば、呼び水が始まります。(写真の赤丸で囲っている部分が呼び水用のボッチです。)
d0242271_2153118.jpg


呼び水が終了し、電源を入れる前に必ずリリィパイプの先にシリコンのホースを設置して、フィルターを稼働させます。
経験ある方は多いとは思いますが、フィルター掃除後綺麗になったと思って、電源を入れ水を回し始めたとき、残っていた汚れがすべて水槽に巻き散らされた悲しい思い・・・このような思いをしないためです。
d0242271_21561280.jpg

映り込みが激しくて見にくいですね。

そして、最後にお決まりのゲットクリーン(ネイチャーアクアギャラリー ナンキ)による煙幕をして終了。
次の日はピカピカになっていると思います。
d0242271_21591797.jpg


清掃と一緒に行っていることは、フィルターの配管類とリリィパイプP・ニュー・リリィパイプVの掃除も行っています。

これらすべてを終了し、フィルターの電源を入れるまでに約40分程度かかっています。あまり手際が良いほうではないので、こんなにかかっているのだと思います。手際が悪いため写真の撮り忘れも多かったです。
特に変わった掃除法を取り入れてはいません。一般的でつまらなかったと思います。
少しでも水槽の良い状態を保つためにも、もう少し早く終わる方法を考えていきたいと思います。便利な方法が見つかったら、ブログに載せたいと思います。

今回の内容については、全く根拠はありません。私自身が少しでもバクテリアにとって良いのではないかとの思いでやっております。!(^^)!
これで、黒髭ゴケと水面に残る泡が無くなり、問題解決となることを祈ります・・・・

次回は、何を書こうか悩んでいます。と言うよりネタがないので、換水時の清掃方法か餌についてか・・・
しっかりと文章を考えてアップしたいと思っています。




にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-10-19 22:14 | アクア

飼育水の状態とフィルターの清掃 1

またやってしまいました。完成まじかの内容を消してしまいました。写真を減らして書いています。

まだ、今回を含め4回しか書いておりませんがネタが無くなりつつあります。何か無理やり出かけたりして、ブログのネタを探して回っているような気がしています・・・

今日は久しぶりの休みでしたが、特に用事もなかったためブラブラと過ごしていました。
ブラブラした内容は、昼頃自宅をでて昼食をとるため、久しぶりに「ハードロックカフェ」に行きました。
d0242271_2223279.jpg

食べたものはこちら
d0242271_22243919.jpg


左から FISH & CHIPS(フィッシュ&チップス)
     PASTA BOLOGNAISE(パスタ ポロネーズ)
     GARLIC SMASHED POTATOES & GRAVY(ガーリック スマッシュポテト&グレイビー)
美味しかったのですが、フィッシュ&チップスは昔と変わっていて、昔のほうが美味しかったように思います。

昼食も終え、天気が良かったので「シーサイドももち海浜公園」まで足を延ばし散歩。
とても気持ちの良い休日を過ごすことができました。
d0242271_2226309.jpg

d0242271_2228164.jpg

d0242271_222739.jpg

d0242271_2229453.jpg


さて余談はこれぐらいで、前回の記事にも書きましたが、我が家のメイン水槽をセットして約1か月間何事もなく順調に経過していた水槽でしたが、ここ数日間、突然の黒髭ゴケの発生と同時に水面に泡が発生しました。
d0242271_22323565.jpg


原因はよく分かりません。前回トリミングの時に、ある程度黒髭ゴケの処理(酷くないところはフィトンギットを噴射し、酷いところはトリミングしました。)はしていたのですが、どう見ても増えている感じ。
水は週1回から2回 1/3 の換水を行っていましたが、泡も収まる気配がありません。

そこでまずは、水質検査を実施。
aquamind laboratoryの水質測定試薬キットを使用し開始。この試薬キットはとても見やすく重宝しています。

調べるものは、水素イオン濃度(pH)・総硬度(GH)・炭酸塩硬度(KH)・亜硝酸塩(NO2)・硝酸塩(NO3)の5項目を確認。
d0242271_22365388.jpg

測定結果は以下の通り、
 pH   6.8~7.0
 GH   2
 KH   2
 NO2  0.2
 NO3  0

特に大きな問題になるような結果は見られず、原因不明のため当初予定していた通りフィルターの掃除。

ここで使用しているフィルターの紹介。実は初めてブログを書いた時にも言っていましたが、当初は「スーパージェットフィルターES-600」を使用していました。とても気に入っており一年半程度使用していましたが、ある時より原因不明のエアー噛みを起こしたり、モーター音が大きかったりと購入当初より調子が悪く、一度修理に出しました。ADAからは、少しインペラが摩耗している程度で特に問題なしとのことで返ってきました。念のため、インペラの交換とOリングの交換はしてもらいましたが、それでも使用していると問題があったため、使用を中止し現在は押し入れに眠っております。その代替えのフィルターとして「エーハイム プロフェッショナル3e 2074」を購入しました。
このフィルターの特徴は、
コントロールパネルで、流量を約600ℓ/h~1,500ℓ/hの調整やパルス機能・ろ材掃除時期 等々、エラーメッセージも知らせてくれる優れものです。
また、ろ過槽は7.4ℓと大きく上部に粗目と細目の2種類のパットが設置でき、ろ過コンテナ3段(各ろ材1.5ℓずつの計4.5ℓ)となっています。最大揚程も2.2mで60cmの水槽にはもったいないものですが、「スーパージェットフィルターES-600」に近いものが良いと思い使っています。
d0242271_22385455.jpg


さすがエーハイム、モーター音は一切しません。とても静かです。

では、フィルターの掃除について書いていきたいと思います。が、今回は1度内容を消してしまい集中力がなくなったことと、遅くなったのでここまでにしておきます。タイトルではフィルターの掃除と書きましたが、そこまで話が進んでいません。この後の続きの作業は皆さんと同じことだと思いますが、次回続きを書きたいと思います。

また、バランスの悪い記事になってしまいました。考えながら書いているため、内容はお粗末ですが時間だけはかかっています。

まだまだ慣れるまでには時間が必要だと感じています。途中でやめないよう頑張っていきます。




にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]

by naka0402 | 2011-10-16 22:46 | アクア
line

アクアリウムと日常のちょっとした記録


by naka0402
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30